billboard

SERVICE

サービス

リビルドでは、エンジニアリングを中心としたサービスを複数展開しております。

エンジニアの為のエンジニアによる仕事紹介サービス“Tadoru”

「Tadoru」は、エンジニア同士で仕事を紹介し合えるコミュニティサービスです。
Tadoruでは、システム開発を依頼したい企業が、信頼できるタドラー(エージェント = 発信力がある、フリーランスエンジニアやエンジニア出身者)をプラットフォーム上で選び、そのタドラー(エージェント)に依頼して開発を依頼できるフリーランスや副業エンジニアを探し出します。
こうすることで、依頼企業は社内にエンジニアのレベルを判断できる人材がいなくても、一定の信頼度で優秀なエンジニアを見つけることができます。
また、タドラー(エージェント)に関しては、Re:Build側で審査を行い、合格した人のみが登録できる仕組みになっています。成約1件あたり、企業がタドラー(エージェント)にマッチングの成果報酬を支払います。

Webエンジニア教育事業“Re:Build Boot Camp”

「Re:Build Boot Camp」は、地方を拠点とした、実務レベルを目指すプログラミングスクールです。3ヶ月間で「実務レベル」に必要な「ヒアリングスキル」「最低限の技術力」「自己スケジュール管理」の3つのスキルを身に付けられるカリキュラムを用意しています。
また、他のプログラミングスクールでは触れないような「ヒアリングスキル」や「スケジュール管理能力」の養成に特に力を入れています。

「プログラミングスクールを卒業したが、転職先が見つからず困っている」という話を、地方圏で耳にすることがあります。これは初心者向けプログラミングスクール卒業レベルでは、企業の求める採用基準までには達していない場合が多いことと、大都市以外の地方都市に初級者向けのプログラミングスクールがあまり存在しないこと、就職までのサポートを行っているスクールが少ないことが原因だと考えられます。リビルドブートキャンプでは、実務レベルを目指す初心者向けプログラミングスクール卒の方向けに、開発現場に入れるようになるためのカリキュラムを用意しています。

スタートアップスタジオ事業“Re:Build Studio”

「Re:Build Studio」は、地方での新規プロダクト開発に特化したスタートアップスタジオです。
「新しいビジネスのアイデアがあっても、エンジニアやデザイナーがおらず形にできない」、「新規開発のノウハウがない」、「地方の会社のため、東京に開発依頼をするのは距離的・金銭的に難しい」、「初期のプロダクト開発ではコミュニケーションを密に行う必要があり、PMは現地にいて欲しい」といったスタートアップに関する悩みを解決いたします。

Re:Build Studioのメンバーは、新規事業の開発経験が豊富なプロジェクトマネージャー、ディレクター、エンジニア、デザイナー、マーケターなど、場所を選ばず活躍するプロフェッショナル人材で構成されており、それぞれの技術やノウハウを活かしスタートアップを創出・支援します。
メンバーはリモートワークの経験が豊富なことに加え、日本の各地にいるため「都市部まで案件相談や打ち合わせに行けない」などの問題もカバー。メンバーそれぞれが自分の故郷や好きな地域に住み、「その地域に貢献したい」「地域の活性化を図りたい」という思いを持って活動しています。

オンラインイベントに参加すると、
地方の名産品が返礼品としてもらえるサービス“OREIO”

「OREIO」は、オンラインイベントに参加すると、地方の名産品が返礼品としてもらえるサービスです。
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、沖縄の経済の中心である観光産業が危機的な状況にあります。「同じ沖縄に住む者として、どうにかしてこの状況を打開したい」という思いから「OREIO」は生まれました。

オンラインイベントを簡単に作成・公開できる機能と、ECプラットフォームとしての機能を持っており、イベント開催とECによる販売促進で、各地域を盛り上げる事を目指します。